ジェネリック医薬品とは?/人間関係を円滑に出来る!?オキシトシン・ラブの魅力!

人間関係を円滑に出来る!?オキシトシン・ラブの魅力!

ジェネリック医薬品とは?

一つだけ黄色い

オキシトシン・ラブなど多くのお薬関係を手に出来る個人輸入サイト。そこでは多くのお薬が安く売られていますよね。安いといえば、とくにジェネリック医薬品がというものがあります。
ジェネリック医薬品、いつからか聞くようになったものですが、知っているようで知らないという人もいると思います。なんとなく安いお薬という印象はあるものの、良く知らない…ジェネリック医薬品とはどういったものなのでしょうか?
ジェネリック医薬品というのは、後発医薬品という意味があります。これの反対が新薬で、先発医薬品という意味になります。
つまり、先に作られたお薬に対して、後から作ったお薬ということですね。では、それがなぜ安いことと関係してくるのでしょうか?

新薬というのは、とても時間のかかる工程を経て商品として世に登場します。費やされる費用は500億円に上り、その期間はなんと9〜17年。そこにそれに対してジェネリック医薬品はすでに作られた前例をもとにして作るため、大きく費用と期間を削減することが出来ます。その費用はわずか1億円に期間は3年といわれています。なので売値も少なく出来るのですね。
しかし、ジェネリック医薬品の特徴はそれだけではなく、大きさや味をも変えることが出来ます。これによって飲みやすさも大きく変えられる、それもまたジェネリック医薬品ならではだといえるでしょう。